昨年秋、鶴岡市の金峯山(きんぼうざん)に登りました。
鶴岡市街南方に位置し、明治の神仏分離までは修験道場でしたが、現在は金峯神社と称する信仰の山です。また歴史ある美しい景観は国の名勝に指定されています。
息を切らしながら登って行くと山頂に金峯神社本殿が見えてきました。国指定重要文化財です。
金峯神社本殿
山頂からは鶴岡の街をはじめ、庄内平野を一望することが出来ます。
鳥海山遠景
あいにく少し曇っていましたが、鳥海山を仰ぎ見る事が出来ました。
雲の上に頭を出した雄大な姿。いかにも東北第二の高峰というべき雄々しさですね。
夫婦杉
山腹の中の宮には夫婦杉(めおとすぎ)が聳えています。
根を一つにし、推定樹齢は350年といわれる杉の大木。
注連縄が張られ、御霊の宿る御神木です。
YA