天童市石倉、かつて松尾芭蕉が奥の細道の旅で訪れ「まゆはき」を詠んだと云われる地です。

野石に刻まれた句碑。畠中にひっそりと立っています。
1689(元禄2)年に芭蕉が訪れた季節は夏。蝉が鳴き、紅花は満開だったことでしょう。
この地で「まゆはきを 俤にして 紅粉の花」の句が生まれたのです。
またこの場所は天台の古刹、山寺への旧道分岐点になるそうです。芭蕉と曽良がここを通った事に思いを馳せました。